診療科目
最寄り駅
病院概要
医師が薦める
口コミ名医・病院情報
お医者さんからの口コミ1
Googleストリートビューを使用しておりますので、表示等に誤りがございましたら、マイホスピタ管理画面へログインして頂き、「基本情報」項目より位置情報の修正をお願い致します。また、未登録の医療機関様は、情報修正・新規登録の方のページにお進みください。

聖マリアンナ医科大学東横病院のアピールポイント

聖マリアンナ医科大学東横病院は神奈川県川崎市中原区にある、内科、循環器科、消化器科、胃腸科、外科ほかを標榜する医療機関です。当院の最寄駅は武蔵小杉駅です。

病院情報

病院・クリニック名 聖マリアンナ医科大学東横病院
院長 宮島 伸宜 宮島 伸宜 医師紹介はこちら
所在地 〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3-435
最寄り駅
電話 044-722-2121
診療科目
診療時間
診察時間は直接お問い合わせください。
アクセス方法 東急 東横線 武蔵小杉駅 徒歩 1分 東急 目黒線 武蔵小杉駅 徒歩 1分 JR 南武線 武蔵小杉駅 徒歩 5分 JR 横須賀線 武蔵小杉駅 徒歩 9分
専門医
専門外来
特徴
バリアフリー
  • バリアフリー構造
  • 点字による表示(視覚障害者への配慮)
ホームページ
駐車場 駐車場あり 有料駐車場 26台
一般病床数 138床

医師紹介

宮島 伸宜
院長

宮島 伸宜

医師が薦める口コミ名医・病院情報

聖マリアンナ医科大学東横病院への口コミ名医・病院情報

1
宮島 伸宜

聖マリアンナ医科大学東横病院、中嶋 孝司副院長 (内科学(消化器・肝臓内科)診療教授、東横病院副院長)先生は上部消化管・下部消化管内視鏡診断・内視鏡治療において、痛くなくとても早く治療が出来る名医(スーパードクター)です。

又、ダブルバルーン小腸内視鏡検査の名医でもあります。

※ダブルバルーン小腸内視鏡検査とは
小腸は人間の消化管のなかで最も長く(小腸の長さは4メートルから6メートルあると言われています)、機能的にも食べたものの消化や吸収など非常に重要な役割を担う臓器です。しかし、小腸は胃や大腸と違って口や肛門から遠いことから、これまで内視鏡を使った観察が困難でした。方法が全く無かったわけではなく、先人がいろいろ工夫を凝らし考案した小腸観察法がいくつかありました。例えば、予め紐を飲んでもらい、それをガイドに内視鏡を挿入していく方法などです。ただ、これら従来の方法は時間がかかり、患者様にも大変苦痛の大きな検査であったことからも一般には普及せず、特殊な施設における特殊な検査に留まっていました。

2003年に自治医科大学の山本先生が新たに開発した「ダブルバルーン内視鏡システム」が市販され、一般病院においても全小腸を観察することが可能になりました。その検査方法は、簡単に言うと、二つの風船を膨らませたりしぼませたりしながら腸管を手前へ手繰り寄せ、奥へ進んでいくという方法です。もう少し詳しく説明すると、長さ145cmのオーバーチューブと呼ばれる軟らかいチューブを内視鏡にかぶせる様に装着し、そのオーバーチューブの先端および内視鏡の先端についた風船を手元のコントローラーで膨らませたりしぼませたりしながら腸管を手前に折りたたむように短縮させ挿入します。オーバーチューブはいったん入った腸管がたわんだりしないように固定しておく役割も果たしています。 投稿日 2013/06/10

現在、聖マリアンナ医科大学東横病院の求人情報はホスピタにはございません。
ホスピタ提携「ナース人材バンク」では、あなたの条件にあった求人の紹介が受けられます。
ご利用は完全無料です。あなたにぴったりの求人をご紹介いたします!
ご希望条件はもちろん、転職の不安、お悩み含めて何でもお気軽にご相談いただけます。どうぞご利用ください。

ナース人材バンク
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-435
Googleマップで見る  Googleマップでルートを見る
電話:044-722-2121

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/1018866/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/1018866/
このページの先頭へ