先進医療の一覧と実施機関

先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、
国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。

C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変に対する自己骨髄細胞投与療法シーガタカンエンウイルスニキインスル カンコウヘンニタイスル ジココツズイサイボウトウヨリョウホウ 実施中

病名(適応症)
C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変(Child-Pugh分類による点数が七点以上のものであって、従来の治療法<肝移植術を除く。>ではその治療に係る効果が認められないものに限る)
内容
全身麻酔下で患者の腸骨より骨髄液を約400ml採取の上、骨髄採取キットにより骨片を除去し(血液疾患の骨髄移植に準じて)、無菌的に単核球分画の分離精製を行い、末梢静脈から約2-3時間かけて投与する。
がんの分類
部位・診療科分類
技術の実施期間
2013年06月01日~
このページの先頭へ