先進医療の一覧と実施機関

先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、
国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。

内視鏡下手術用ロボットを用いた冠動脈バイパス手術(一箇所のみを吻合するものに限る)ナイシキョウカシュジュツヨウロボットヲモチイタ カンドウミャクバイパスシュジュツ(イッカショノミヲ フンゴウスルモノニカギル) 実施中

病名(適応症)
虚血性心疾患
内容
"内視鏡下手術用ロボット支援下に、下記の2術式を設定する。まず術式Aを実施し、予め目標とした技術水準に達していることを確認の上、手術見学を経て術式Bの実施を開始する。【術式A】 ロボット支援下冠動脈バイパス手術(MIDCAB)…ロボットを使用して、内胸動脈グラフトを剥離・採取する。その後、ロボットを使用せずに、肋間開胸にてグラフトを冠動脈に吻合する。【術式B】 ロボット支援下完全内視鏡下冠動脈バイパス術…内胸動脈グラフト採取からグラフトの冠動脈への吻合までの全ての過程を、ロボットを使用して実施する。 "
がんの分類
部位・診療科分類
技術の実施期間
2009年08月01日~
このページの先頭へ