先進医療の一覧と実施機関

先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、
国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。

自家嗅粘膜移植による脊髄再生治療ジカキュウネンマクイショクニヨル セキズイサイセイチリョウ 実施中

病名(適応症)
脊髄損傷(損傷後六月を経過してもなお下肢が完全な運動麻痺を呈するものに限る)
内容
自家嗅粘膜移植では、全身麻酔下に患者自身の鼻腔内に存在する嗅粘膜組織を内視鏡下に摘出する。そして摘出した嗅粘膜を手術室内で洗浄、細切後、脊髄損傷部位に存在する瘢痕組織を摘出して作製した移植床に直ちに移植する。移植後は少なくとも1年間は週35時間程度のリハビリテーションプログラムを遂行し、軸索再生と新たに獲得された神経回路の維持の為訓練を行っていく。
がんの分類
部位・診療科分類
技術の実施期間
2011年11月01日~

この先進医療を実施している病院

  • 大阪大学医学部附属病院
    大阪大学医学部附属病院

    〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2番15号
    内科 / 循環器科 / 呼吸器内科 / 消化器科 / 腎臓内科・外科 / 泌尿器科 / 外科 / 脳神経外科 / 小児科 / 婦人科 / 整形外科 / 皮膚科 / 神経科 / 神経内科 / アレルギー科 / リウマチ科 / 形成外科 / 呼吸器外科 / 心臓血管外科 / 産科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / リハビリテーション科 / 放射線科 / 麻酔科 / 漢方内科 / 歯科 / 救急科 / 小児外科 / 乳腺外科 / 糖尿病内科 / 精神科 / 老人内科 / 血液内科 / 臨床検査・病理診断

このページの先頭へ