先進医療の一覧と実施機関

先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、
国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。

腹腔鏡下仙骨膣固定術フククウキョウカ センコツチツコテイジュツ 実施中

病名(適応症)
骨盤臓器脱
内容
腹式仙骨膣固定術は、Amelineらによって1953年に報告された術式で、欧米における骨盤臓器脱のゴールデンスタンダードな治療法の一つである。1994年にNezhatらによって、はじめて腹腔鏡アプローチによる仙骨膣固定術が紹介された。その後、開腹と腹腔鏡による仙骨膣固定術の比較において、成績に差がなかった事から、より低侵襲な術式として腹腔鏡下仙骨膣固定術:Laparoscopic sacrocolpopexy(LSC)が普及した。今回、実施責任者である市川雅男がフランスのDiaconesses病院にて腹腔鏡下仙骨膣固定術を学び、日本において全腹腔鏡下仙骨膣固定術を導入した。今後の骨盤臓器脱治療の発展とより多くの患者がこの術式の恩恵にあずかれるように高度先進医療の申請をするものである。
がんの分類
部位・診療科分類
技術の実施期間
2012年04月01日~

この先進医療を実施している病院

  • 公益財団法人日本生命済生会日本生命病院
    公益財団法人日本生命済生会日本生命病院

    〒550-0006 大阪府大阪市西区江之子島2-1-54
    内科 / 循環器科 / 呼吸器内科 / 消化器科 / 腎臓内科・外科 / 泌尿器科 / 外科 / 脳神経外科 / 小児科 / 産婦人科 / 整形外科 / 皮膚科 / 神経科 / 神経内科 / リウマチ科 / 形成外科 / 呼吸器外科 / 心臓血管外科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / リハビリテーション科 / 放射線科 / 麻酔科 / 内分泌科 / 救急科 / 乳腺外科 / 精神科 / 血液内科 / 臨床検査・病理診断

このページの先頭へ