先進医療の一覧と実施機関

先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、
国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。

食道アカラシア等に対する経口内視鏡的筋層切開術ショクドウアカラシアナドニタイスル ケイコウナイシキョウテキ キンソウセッカイジュツ 実施中

病名(適応症)
食道アカラシア、食道びまん性けいれん症等の食道運動機能障害を有するもの(食道の内腔が狭窄しているものに限る)
内容
食道アカラシアとは、下部食道の狭窄により食物の通過障害、嘔吐、胸痛、誤嚥性肺炎などを生じる。下部食道のAuerbach神経叢の変性消失が主因と考えられており、薬物療法、内視鏡的バルーン拡張術、ボツリヌス菌毒素局注療法、外科的治療(筋層切開、噴門形成術)などが行われている。外科的治療が最も恒久的な治療法と考えられており、現在、低侵襲な腹腔鏡下手術(保険収載)が主流となっているが、それでも少なくとも数個の腹壁の傷を要する。また筋層切開を経腹的に行う場合、筋層切開術の長さは最長でも7cmくらいに制限される。したがって、「食道びまん性けいれん症」などは治療対象となりにくい。
われわれは、外科的治療と同等以上の根治性を持つ低侵襲治療法として、経口内視鏡的筋層切開術(Per-Oral Endoscopic Myotomy : POEM)を開発し臨床応用している。POEMでは筋層切開の長さを可及的に延長できるので「食道アカラシア」のみならず、「食道びまん性けいれん症」にも適応可能である。
がんの分類
部位・診療科分類
技術の実施期間
2012年08月01日~

この先進医療を実施している病院

  • 長崎大学病院
    長崎大学病院

    〒852-8501 長崎県長崎市坂本1-7-1
    内科 / 循環器科 / 呼吸器内科 / 消化器科 / 腎臓内科・外科 / 泌尿器科 / 外科 / 脳神経外科 / 小児科 / 産婦人科 / 整形外科 / 皮膚科 / 神経科 / 神経内科 / リウマチ科 / 形成外科 / 呼吸器外科 / 心臓血管外科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 / 麻酔科 / 歯科 / 口腔外科 / 矯正歯科 / 小児歯科 / 小児外科 / 精神科 / 血液内科 / 感染症内科

このページの先頭へ