先進医療の一覧と実施機関

先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、
国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。

術前のホルモン療法及びゾレドロン酸投与の併用療法ジュツゼンノホルモンリョウホウオヨビゾレドロンサントウヨノヘイヨウリョウホウ 実施中

病名(適応症)
閉経後のホルモン感受性の乳がん(長径が5cm以下であって、リンパ節転移および遠隔転移しておらず、かつ、エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る)
内容
登録後7 日以内にレトロゾールの1 日1 回2.5mg の経口投与を開始する。(術前内分泌療法)レトロゾール開始後28 日にゾレドロン酸を1 回、点滴静注する。レトロゾールを24 週間経口投与した後、乳癌に対する手術を行う。
がんの分類
部位・診療科分類
技術の実施期間
2013年07月01日~
このページの先頭へ