港区品川駅 皮膚科 女医 ニキビ アトピー性皮膚炎 

皮膚科クリニックいとう

  • 休日可
  • 19時以降可
  • 女医
  • 専門医
  • 駐車場
  • ホームページ
  • ブログ
  • Google+
公式情報
診療科目
最寄り駅
  • 北品川駅(290m)
  • 品川駅(460m)
  • 新馬場駅(790m)
03-3474-5263
病院概要

アピールポイント

当院は、再開発されたJR品川駅港南のビル群の一角にある、女医による皮膚科専門のクリニックです。
当院はバリアフリー設計です。車椅子やお年寄りの方もご安心ください。

病院情報

病院・クリニック名 皮膚科クリニックいとう
院長 伊藤 文子 伊藤 文子 医師紹介はこちら
所在地 〒108-0075
東京都港区港南2-16-7-101-1
地図
最寄り駅
  • 京急本線 北品川駅(290m)
  • JR東海道本線(東京~熱海)ほか 品川駅(460m)
  • 京急本線 新馬場駅(790m)
電話 / FAX 03-3474-5263 / 03-3474-5264
診療科目
診療時間
時間
10:00~13:00
15:00~18:00

休診日について

木曜日・日曜日・祝日 

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
交通手段 ・『JR/京急品川駅』港南口徒歩7分
・『京急北品川駅』 徒歩5分
・『都営バス品川車庫前』徒歩2分
出身大学
ホームページ

予約診療のお知らせ

当院では、予約診療も行っております。忙しい患者様に待ち時間が長くならないように予約された方を優先的に診察いたします。もちろん予約のない患者様の診察もいたします。予約を希望される方は電話でお申し出ください。
 皮膚科クリニックいとうオリジナルHP

■当院は、再開発されたJR品川駅港南のビル群の一角にある、女医による皮膚科専門のクリニックです。
また、当院はバリアフリー設計です。車椅子やお年寄りの方もご安心ください。

 

 

診療案内

足爪白癬(水虫)、アトピー性皮膚炎、じんましん、ニキビ、虫さされ、日焼けによる皮膚のダメージ、接触性皮膚炎(かぶれ)皮膚悪性腫瘍と良性腫瘍の鑑別、ほくろ、いぼ、壮年性脱毛、円形脱毛症、頭じらみ、手アレ、等

 

爪白癬(爪水虫)について
足の水虫はよく見られる皮膚病ですが、爪にも水虫があります。
白癬菌が爪の中に入り込み繁殖している状態です。
足の水虫は外用薬で治りますが、爪水虫は爪の内部に菌が存在するために、外用薬では治りません。約3ヶ月から6ヶ月の坑真菌剤の内服が必要です。

爪水虫は爪が混濁したり肥厚したりもろくなったりします。爪自体は痛くも痒くもありません。しかし、放置するとどんどん進行し、爪全体に広がり、足水虫も難治性となります。又、家庭内感染も起こしますので、治療が必要です。
診断は爪の一部を削って顕微鏡による真菌検査が必要です。患者が爪水虫と思っても違う場合が多々ありますので、必ず検査をして、白癬菌が証明できてから治療を開始します。
治療は坑真菌剤の内服ですが、現在2種類の薬が使用されてます。他の病気の有無、内服期間の長所などによってどの薬を使用するか決まります。

アトピー性皮膚炎について
アレルギー体質、敏感肌、環境の3要素によって皮膚にくり返し、湿疹をおこす病気です。
皮膚の湿疹反応に対して、まず塗り薬を的確に使って、赤み、かゆみ、掻き壊しを治しましょう。塗り薬はその方の皮膚症状に合わせて、ステロイド軟膏や、保湿剤、免疫抑制剤軟膏タクロリムス軟膏=商品名・プロトピック軟膏)などを使います。またステロイド軟膏は強さによって5段階の種類がありますので、体の部分や湿疹の重症度によって使い分けします。
かゆみが強くつらい場合や、掻き壊して悪化してしまう場合には坑ヒスタミン剤や坑アレルギー剤の内服をします。
汗をかいたり、乾燥したりすることも、痒くなる原因となります。こまめのシャワーを浴びり乾燥を防ぐための保湿剤をつけたりしましょう。
ストレスも悪化の原因と言われています。ストレスを避けることは難しいことですが、ストレスが皮膚症状を悪化させることを理解していれば、早めに適切な治療を受け悪化を最小限に抑えることができます。
ほとんどのアトピー性皮膚炎は乳育児期に始まりますが、3歳までによくなることが多いのです。
思春期までに治療が必要がない位に症状が軽くなります。

アトピー性体質は簡単に変えることはできません。
しかし、適切な治療を受けて、お肌のお手入れを習慣づけることによって、普通の人と同じ生活ができます。たとえばスポーツをしたり、女性ではお化粧をしたり、旅行に行って温泉に入ったりできる状態にコントロールするのです。アトピー性皮膚炎があるからといって、人前に出るのを避けたりすることなく、就職や結婚などの社会生活を普通に送ることができるようになるのです。

 

room1.jpg

伊藤 文子
院長

伊藤 文子

品川港南南口の再開発されたビル群の一角にある皮膚科専門のクリニックです。
ていねいな診療と病気の説明で、皆様に「来て良かった」と思っていただけるようなクリニックにしたいと努めています。
忙しい方に待ち時間を短縮するために予約制も行っています。もちろん予約のない方の診療もいたします。
これまでの皮膚科医院のイメージを一新するおしゃれなインテリアにし、クリーンな空気の中で、快適に診察を受けていただきたいと願っています。又、バリアフリーの設計にしてありますので、足の不自由な方にもご利用いただければうれしいです。
略歴
・東邦大学医学部卒業
・千葉大学皮膚科学教室入局
・平成15年 当クリニック開業
保有資格
・日本皮膚科学会皮膚科専門医資格取得
皮膚科クリニックいとうへの口コミはありません

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

http://www.hospita.jp/sp/detail/208/

携帯電話用

http://www.hospita.jp/fp/detail/208/