高松市 泌尿器科専門医 泌尿器科 性病科 前立腺肥大症 尿失禁 バイアグラ 

松木泌尿器科医院

公式情報
診療科目
最寄り駅
  • 西前田駅(490m)
  • 水田駅(990m)
  • 高田駅(1.45km)
087-847-1121
病院概要

アピールポイント

専門的な泌尿器科の診療を、外来診療を主体に地域に提供させていただくことを目標としています。

病院情報

病院・クリニック名 松木泌尿器科医院
院長 松木孝和 松木孝和 医師紹介はこちら
所在地 〒761-0321
香川県高松市前田西町1080-7
地図
最寄り駅
  • 琴電長尾線 西前田駅(490m)
  • 琴電長尾線 水田駅(990m)
  • 琴電長尾線 高田駅(1.45km)
電話 087-847-1121
診療科目
診療時間
時間
09:00~12:30
土曜日は14:00まで診療しています
15:00~18:00
水曜日は19:00まで診療しています
■往診、時間外受付も可能です。お問い合わせください。
■お電話が非通知設定の場合、繋がらないことがあります。

休診日について

日曜日・祝日

交通手段 ・高松中央ICより東へ10分
・高松東ICより西へ10分
・大川バス「前田橋」乗り場下車、手前信号を南へ100m
専門医
専門外来
特徴
ホームページ
駐車場 ・自家用車駐車場、駐輪場有

松木泌尿器科医院は2002年6月11日、高松市前田西町に開業しました泌尿器科専門医による診療所です。
主に前立腺肥大症や尿失禁の悩み等の診療をしております。また、近年高松や周辺市町でも増加傾向にある性病、ED(勃起障害)、包茎等のご相談も受付けています。お気軽にご相談ください。

■ 診療対象疾患

  • 泌尿器科領域の悪性腫瘍(癌)の診断治療
  • 泌尿器科悪性腫瘍治療後の外来での定期検診
  • 泌尿器科悪性腫瘍の在宅治療
  • 泌尿器科悪性腫瘍のセカンドオピニオン
  • 前立腺肥大症の診断治療
  • 過活動膀胱や尿失禁の診断治療
  • 頻尿や排尿障害の診断治療
  • ED(勃起障害)の診断治療
  • 男性更年期障害の診断治療
  • 急性膀胱炎や腎盂腎炎などの泌尿器科感染症の診断治療
  • 慢性前立腺炎の診断治療
  • クラミジア感染症、淋病、尖圭コンジローマ、梅毒など性感染症の診断治療
  • 性感染症検診
  • 尿路結石の診断治療
  • 小児泌尿器科疾患
  • 包茎や夜尿症・尿失禁などの診断治療
  • 男性不妊症の診断
  • 成人包茎手術に対する相談受付

 

■ 勃起障害(ED)

勃起機能の低下のことを、英語でErectile Dysfunction、略して「ED」と呼んでいます。
完全に勃起しなくなった状態をEDと考えている人も多いようですが、以前と比べて違いを感じた時点でEDと考えてよいと思います。
勃起してもしばらくすると萎えてしまったり、期待した硬さにならないような場合もEDです。専門的にも「性交時に十分な勃起やその維持ができず、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

このような場合には、性交時に勃起力に意識が向いているから、”あれ?どうしたんだろう?”と気になる訳です。
以前は気にならなかったと思います。

地元新聞での対談でもご紹介させていただいていますが、”勃起のことが気になった段階”で医療機関に相談していただければ幸いです。当院にも毎日たくさんの方がお薬を取りに来られていますので、安心して受診してください。EDの診療もいろいろと奥が深いものですが、最近は内服薬で治療を試みることができるようになっていますので、昔に比べると格段に環境が整っています。

 

●ED治療薬

※院内処方で、診察後すぐにお渡しできます。
※処方数は1錠~基本的には上限はありません。

シアリス
バイアグラ
50mg
1,500円
バイアグラ
シルデナフィルOD錠
(ジェネリック)
50mg
1,000円
レビトラ
レビトラ
10mg
1,500円
20mg
1,900円
バイアグラ
シアリス
10mg
1,500円
20mg
2,000円


※各内服薬についてはこちらのページをご覧ください。
※価格は全て診察料・消費税込みの料金となっています。
処方に必要な費用は、価格×処方個数のみです。
例:バイアグラ50mg3個、シアリス10mg2個を処方する場合、合計7,500円

 

■ 前立腺肥大症

前立腺肥大症は40歳を過ぎた男性に大変多い病気です。
前立腺は膀胱の下にある”くるみ大”の臓器で、精液の一部をつくっています。加齢に伴って大きくなってくることが多いため、いろいろな排尿の障害症状を呈してきます。

治療は症状の程度と日常生活での困窮度により検討されます。
症状の程度によっては経過観察で無治療でも充分ですが、慢性的な閉塞状態が膀胱機能に影響を与える可能性もありますので充分注意を払う必要があります。
治療法には、薬物療法、手術療法、その他の方法(温熱療法、ステント留置)があります。

薬物療法

・α1-遮断剤
尿道圧を低下させて閉塞症状を改善させたり、
刺激症状を軽快させることが出来ます。
現在、最も標準的な治療法です。

・抗アンドロゲン剤
前立腺腺腫は男性ホルモンに依存して大きくなりますので
ホルモン療法が有用です。副作用に注意が必要です。

手術療法

・経尿道的前立腺切除術(transurethral resection of the prostate/TUR-P)
尿道から内視鏡を用いて直視下に前立腺を切除します。
現在、最も標準的な手術方法です。

・経尿道的前立腺蒸散術
TUR-Pと同じような方法ですが、組織を蒸散させます。

・恥骨上式前立腺摘除術
開腹して前立腺を摘除します。
最近では行われることが少なくなりました。

その他の治療法

・温熱療法
尿道にバルーンを挿入して前立腺を高温で暖めます。

・前立腺ステント留置
前立腺にステントを留置します。
高度な前立腺肥大症で手術不能例に対して有用です。

 

■ 慢性前立腺炎
初めて耳にする方も多いでしょうし、すでに悩まれておられる方も多いと思います。
泌尿器科専門医の間、特に開業している専門医の間では大変重要な疾患です。
20歳以上の男性で、下腹部・陰のう・尿道・肛門の前などに、痛み、違和感や痒みなどがあった場合には疑ってみる必要があります。特に、性病の既往、長時間座る仕事である場合は要注意です。

症状としては
・排尿症状    
頻尿、排尿時痛、残尿感
・関連疼痛    
会陰部疼痛、下腹部疼痛、恥骨裏疼痛、腰痛や背部痛、ソケイ部の疼痛、陰のう内容の疼痛
・違和感や不快感    
尿道不快感(尿道の奥~出口の近くまでのどこかに、かゆみ・しびれ・いじいじ感)陰嚢掻痒症、
ソケイ部の違和感、陰のう内容の違和感、大腿部不快感(しびれ・いたみ)、足の裏の不快感
(しびれ・いたみ)
・射精関連症状     
射精時疼痛、射精後疼痛、早漏、血精液症
・その他     
血尿(肉眼的・顕微鏡的)

慢性前立腺炎、関連疾患である精巣上体炎は上記のように多彩な症状を来たします。しかし一方で、なかなか診断が難しく、疑って診断しないとなかなか診断できない場合もあります。

この病気は慢性に経過しますので、なかなか治療が困難です。
また、専門医の間でも方針にかなりばらつきがあるのが実状と思われます。
基本的には抗生剤の投与を行っていますが、私の場合はセルニルトンを併用します。

なかなか症状が軽快しない場合や、最初からすでに他院で治療を行ってから受診される方には、個人的に治療方法を考えながら対応することになります。
その場合の方針はかなり複雑ですので、ちょっと一口には説明できません。
漢方薬や各種処置、前立腺マッサージを行う場合もあります。
患者さんの行ってきた治療や現在の状態を考えながら治療しています。

 

■ 尿失禁・尿漏れ
高齢化も関連していますが、最近、尿失禁や尿漏れ等の悩みはたくさん耳にします。
尿失禁は細かい分類もありますが、実際には大きく4つに分けて考えることが出来ます。

  • 腹圧性尿失禁
  • 切迫性尿失禁
  • 溢流性尿失禁
  • 機能性尿失禁

腹圧性尿失禁は女性に特有の尿失禁です。
出産や加齢などにより骨盤底筋群の力が弱くなって膀胱の位置が下に下がってきたため、腹圧が上からだけまともにかかるようになって尿失禁が出現します。

骨盤底筋の筋力アップ(骨盤底筋体操)や薬物療法が行われますが、手術療法も大変有効です。最近では干渉低周波装置(当院も施行しています)を用いた治療が行われる場合もあります。

切迫性尿失禁は膀胱の蓄尿機能(我慢する力)が低下して、尿意があったときに我慢できずに失禁がでたり、
知らないうちに失禁があったりする状態です。

多くの場合、膀胱の機能異常が原因となります。
具体的には脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)後、腰椎の疾患(腰椎ヘルニアなど腰痛を起こすような疾患)などです。膀胱の知覚亢進によって起こることもあります。具体的には前立腺肥大症や膀胱炎などです。

治療は膀胱機能異常の場合は薬物療法が基本となります。
薬物投与で副作用がでて問題になるときは、当院の場合、干渉低周波装置を行うこともあります。状態によっては奏功する場合もあります。知覚亢進で起こっている場合はその原因を取り除く必要があります。

溢流性尿失禁は膀胱の排尿障害が原因で、尿が膀胱にいっぱいになった状態からあふれ出ているもので、大変危険です。

原因としては、前立腺肥大症などよる尿路通過障害で起こる場合や、骨盤手術+放射線照射などで膀胱が固くなってほとんど広がらずにすぐにあふれている状態があります。

通過障害の場合は手術や薬物療法が行われます。
原因を取り除いても完治しない場合も多く、そのような場合間欠自己導尿で対応が必要となります。

機能性尿失禁は膀胱機能は正常にもかかわらず、他の機能低下によって尿失禁が出現している状態です。
例えば、痴呆症状でトイレの場所や尿意がはっきりしなかったり、腰痛や関節痛でトイレに着くまでに時間がかかった結果、起こってしまう状態です。

薬物療法もある程度有効ですが、介護力によって対応するのが本質的な解決策であると考えられます。

 

■ 包茎に関して
包茎とは、包皮が亀頭に、勃起している時あるいは勃起していないときにかぶっている状態です。

包皮をたぐって亀頭が出てくれば仮性包茎、亀頭が出てこなければ真性包茎です。
包皮の一部が狭い(包皮輪狭窄症)にもかかわらず、亀頭を出したとき(剥いたとき)に元に戻らなくなって包皮が腫れあがる場合があります。
強い痛みを伴うようになり我慢できません。狭いところで、血行障害が起きて腫れたのです。
この状態を嵌頓(カントン)包茎といいます。直ちに診察が必要です。

手術は真性包茎、包皮輪狭窄が強い仮性包茎、嵌頓包茎を起こした時および、包皮炎を繰り返す場合に行います。
この状態のうち、嵌頓包茎や包皮輪狭窄を伴う真性包茎の場合で合併症があったりすると保険手術の適応となりますが、正確な状態の把握はやはり診察してみないとわかりません。
仮性包茎などの手術の場合は、健康保険の適応は認められていません。
この場合、自費での診療となります。

小児の包茎に関して、最近、軟膏による保存的療法が試みられ成績を上げています。
子供の包茎が気になる場合などは、一度治療経験のある専門医をお尋ねになっても良いかもしれません。

 

■ セカンドオピニオン外来
泌尿器科悪性腫瘍(癌)に関するにセカンドオピニオンを実施しています。 対象になる方は香川県内に限っておりません。

  • 前立腺癌のセカンドオピニオン
  • 膀胱癌のセカンドオピニオン
  • 腎細胞癌(腎癌)のセカンドオピニオン
  • 尿管癌・腎盂癌のセカンドオピニオン
  • 精巣癌・精巣腫瘍のセカンドオピニオン
  • 尿道癌・陰茎癌のセカンドオピニオ
  • その他の泌尿器科疾患に関するセカンドオピニオン

※その他の泌尿器科疾患は場合によっては相談が困難な疾患もありますので個別にご相談ください。

セカンドオピニオン外来は保険適応外です。 また、時間をかけるために完全予約制といたします。
ご相談に必要な資料等がある場合がありますので、事前に必ず受診、 あるいは電話かEメールでご予約をお願いします。
相談料:30分 10500円

 

■ 自費診療料金一覧
当院で行っている自費診療の一覧です。
当院は基本的に保険診療になりますが、自費診療を希望される方は下記を参考にしてください。
また状況に応じて匿名での診察も可能です。

※価格は全て消費税込みの料金となっています。

診察料 注射・処置
なし 包茎手術 90,000円
パイプカット 90,000円


(ED・AGA・男性更年期障害関係/薬・検査)

診察料
なし プロペシア1mg(28錠) 7,500円
バイアグラ50mg(1錠) 1,500円
バイアグラ シルデナフィルOD錠50mg(1錠)
(ジェネリック)
1,000円
レビトラ10mg(1錠) 1,500円
レビトラ20mg(1錠) 1,900円
シアリス10mg(1錠) 1,500円
シアリス20mg(1錠) 2,000円
診察料 検査
なし テストステロン採血(※診察料3,000円込) 8,000円

※ED・AGAの薬の価格は全て診察料・消費税込みの料金となっています。
処方に必要な費用は、価格×処方個数のみです。
例:バイアグラ50mgを診察して3個処方する場合、お会計は4,500円になります。


(性病治療関係/検査)

診察料 検査
なし 淋病PCR 5,000円
クラミジアPCR 5,000円
淋病・クラミジアPCR 9,000円
淋病・クラミジアPCR、梅毒、HIV 18,000円
咽頭 淋菌・クラミジア同時測定(SDA法) 10,000円
淋菌培養同定・感受性 5,000円
クラミジア抗体 5,000円
尿道マイコプラズマ抗原 10,000円
トリコモナス培養 5,000円
梅毒検査 5,000円
HIV抗体 5,000円
HIVリアルタイムPCR 10,000円
HPV-DNA型判定(コンジローマウィルス) 30,000円
単純ヘルペス型抗体(NT法) 5,000円
単純ヘルペス特異抗原 5,000円
カンジダ培養同定 4,500円


(その他/検査)

診察料 検査
なし 前立腺癌検診 10,000円
松木孝和
院長

松木孝和

はじめまして、高松で泌尿器科診療を行っている松木です。

近年、前立腺肥大症や前立腺癌、過活動膀胱や頻尿・尿失禁、男性の勃起障害や更年期障害、性感染症や包茎の悩み等々、泌尿器科疾患は増加の一途をたどり、診療内容も専門的な知識が必要となってきています。

私は2002年、高松市の郊外に開業、泌尿器科疾患の診断治療を地道に行っています。
基幹病院で仕事をしていたときと違い、より日常生活に身近な泌尿器科疾患に携わることが多くなりましたが、一生懸命診療に当たっています。
保有資格
医学博士
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会 泌尿器科指導医
日本性機能学会 認定専門医
日本性感染症学会 認定医
香川大学医学部非常勤講師
所属学会
日本泌尿器科学会
日本癌治療学会
日本癌学会
日本性機能学会
日本排尿機能学会
日本老年泌尿器科学会
日本性感染症学会
日本臨床泌尿器科医会
日本家庭医療学会
日本プライマリケア学会

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

http://www.hospita.jp/sp/detail/1117/

携帯電話用

http://www.hospita.jp/fp/detail/1117/